ダイエット

プラセンタとは

プラセンタという言葉は、英語で胎盤という意味なのですが、健康食品や化粧品に使用する際にプラセンタと呼ばれているものは、胎盤そのもののことを指しているのではなく、胎盤から細胞分裂を促す成長因子や他の栄養素が抽出されたもののことです。
このプラセンタ抽出物は、英語で言うと、プラセンタエキスやプラセンタエッセンス、プラセンタエクストラクトと言われているようです。
プラセンタは、新しい細胞を作り出すのには欠かせない成分です。

1つの受精卵が数えきれないほどの回数で細胞分裂を繰り返してから赤ちゃんが作られるのです。
哺乳類は、たった1つの卵とたった1つの精子が出会って受精卵となり、子宮壁に着床して、そこから非常に速いスピードで基幹細胞から各種の細胞へと分化しながら細胞分裂を繰り返すのです。
そして、数十兆もの細胞になり、赤ちゃんの体となった後に母親のおなかのそとに出てきます。

この子宮壁に着床した受精卵についてですが、受精卵は大きく2つの部分に分かれます。
1つの部分は、赤ちゃん本体で、もう1つの部分は、胎盤なのです。
受精卵の子宮壁側が胎盤となります。

赤ちゃん本体と胎盤の間はへその緒で結ばれています。
赤ちゃん本体が、子宮内で、数えきれないほど細胞分裂を繰り返す上で、胎盤は非常に重要な役割を担っています。
その役割のうちの1つが、お母さんの体から栄養分や酸素などを取り出して赤ちゃんのもとへ送ることです。

もう1つの重要な役割は、赤ちゃんが細胞分裂を繰り返す上で、その細胞分裂を高速で正確におこなうための秘密兵器ともいえる成長因子の成分を生成して、それを赤ちゃんへ送ることです。
成長因子は、別の呼び方として、細胞分裂因子と呼ばれたり、グロースファクタとよばれることもあります。
これは、戦争中など、お母さんの栄養状態が極端に悪かったとしても、赤ちゃんが、子宮の中で驚異的な成長を遂げたことがあったと言われているのですが、これは、胎盤の役割によるものなのです。
また、プラセンタは注射とドリンク併用はより効果を高めると言われています。


このページの先頭へ