ダイエット

副作用などについて

プラセンタ注射を施術してもらうことによって、さまざまな効果を実感することができるのですが、当然のことながら注射をすることによって、多少のリスクはあるということを知っておいた方がいいでしょう。
プラセンタ注射が使用開始されはじめてから、今ではもう40年も経過しています。
その間、プラセンタ注射を施術することによって、感染症がおきたという報告は、日本全国でも海外においても一件もないということです。

しかし、理論的に考えてみた場合、絶対に感染症の疑いはないと断言することはできません。
そこで、2006年には、厚生労働省がプラセンタ注射をしたことがある人に対して、献血をしないように通達しました。
ですから、プラセンタ注射をすると、献血をすることができなくなってしまうのです。

輸血する際の安全性を優先した結果、念のためのリスク回避としてとった対応ではないでしょうか。
プラセンタ注射をすることによって、得られる効果は高いのですが、献血ができなくなるなどといったようなことや、感染症の危険性が全くないわけではないというリスクがあることを理解したうえで、同意書にサインをして、注射を受けることになります。
プラセンタを体内にとり入れることによる効き目や効能は、多岐にわたっているといえるでしょう。

きちんとリスクについて理解したうえで、自分が信頼できると思えるクリニックでプラセンタ注射を施術してもらうのがいいでしょう。
リスクは、感染症の危険性だけではありません。
注射をしてもらった後に、アレルギー反応を起こすこともあるのです。

注射を打った箇所が赤くなってしまったり、赤い発疹がでてきたり、発熱したりするなどといったような症状がでることがあるようです。
しかし、こういった症状は、身体が短期的な拒絶反応を起こしてしまった結果であるため、リスクではないという説もあります。
もし、プラセンタ注射のあと、あまりにもひどい拒絶反応が出てしまうようであれば、身体のシステムに合っていないということが考えられますので、今後、プラセンタ注射の接種をやめた方がいいのではないでしょうか。
自分に合うと確認出来たらプラセンタで若返りを目指しましょう。



このページの先頭へ